血行不良は代謝も健康状態も低下させる

冷え性や血行不良という言葉をご存知でしょうか?実はどちらも意味合いは同じで、血液の流れが悪くなると、身体が冷えてしまうということです。この血行不良は、代謝そのものを低下させ、ダイエットには大敵な要素となります。そして冷えは万病の元と呼ばれるように様々な不調を導いてしまいます。

1.血行不良(冷え)とは

身体が知らず知らずのうちに冷えてしまう原因は、血液の流れが悪化していることが原因です。血液がよどみなく全身を流れることで体温は保たれます。しかし、流れが悪い箇所ができると全体の流れも滞り、血行不良を起こします。

体温低下のメカニズム

手や足が冷たくなったり、身体が冷えてしまう原因は血液の流れが悪くなる状態にあります。

実は、体内には地球2周半ほどの長さの血管が、隅から隅までめぐらされています。この血管に隅から隅まで血液が滞りなく流れ続けることで、体温がムラなく隅々まで届けられています。

しかし、局所的に血液の流れが悪くなると、血液循環が良く無い所の体温は低下してしまい、結果的に全体の流れにも影響を与えてしまうのです。

2.血行不良を起こす原因

血行不良を起こす一番の原因は血液その物の質が悪くなることです。そして、生活環境や習慣の影響によっても、血液が流れ難い身体の環境を整えてしまうので、日々の生活に問題がある場合もございます。

血行に影響を与える環境

血行不良になってしまう大きな原因の一つに生活環境や習慣が挙げられます。

血液循環と深く関りを持つ器官が自律神経で、自律神経の中でも交感神経が血液の流れに影響を与えます。

例えば、身体が「寒い・冷たい」と感じる寒冷刺激を受けることで交感神経が優勢に働き、血管を収縮させます。

血管が収縮されると血液の流れが悪くなってしまうので、結果的に冷えを招きます。

生活において注意すべきポイントは必要以上に冷たい飲み物や食べ物、エアコンに頼らず、身体を冷やさないことです。

血液の状態が血流を悪化させる

血行不良の大きな原因の一つに血管を流れる血液の質が挙げられます。血管を流れる物質そのものが流れにくい状態であれば、流れは弱くなり、血液の流れは滞ってしまいます。

血液の滞りの大きな原因となるものにヘモグロビン(赤血球)の状態の悪化があります。

ヘモグロビンは血管内を変形能と呼ばれるしなやかな特性によって隅々にまで運ばれ酸素と栄養素を供給しています。

しかし、ヘモグロビンが持つ変形能が低下すると通過できない血管がでてきてしまい血流の滞りを生んでしまいます。

3.冷えは肥満と病を生む主要因

冷えは万病の元と言われる所以は、血行不良が招く数々の不調にあります。血液循環が低下すると、体中への酸素/栄養素の運搬が低下し、代謝が低下します。そして睡眠に影響が出たり、便秘になったりと様々な不調が顔をのぞかせます。

不健康イメージ

あらゆる代謝(生理活性)を低下させる

睡眠導入の悪化

血液の流れが悪くなり、血液循環が悪化すると眠りに影響を及ぼします。人が眠りに入る時に正常な方であれば手や足の先が暖かくなります。

この末端の温盛は血液循環によって身体の深部(内臓)の熱を末端から放出する為に起こります。

この末端からの深部体温放出によって眠気を誘い本格的な睡眠導入を行う訳ですが、冷えを抱えている方は熱の放出が苦手で寝付きが悪く睡眠状態の悪化を招きます。

睡眠状態が悪化すると代謝に大きく関わる成長ホルモンの生産/分泌に影響が出てしまう為、代謝が下がります。

免疫力の低下

血液に含まれるヘモグロビンの状態が悪いと、血液の流れの妨げになり、血流が滞ります。さらに環境的な冷え要因も手伝うとなお冷え性になりやすいです。

このような血液循環が滞っている状態になると、暖かい血液が全身を巡らないので全体的に体温は低下してしまいます。

そして深部の体温が常に低下してしまうと、日々、体を守ってくれている免疫力が低下します。

免疫力が低下してしまうと、風邪をひきやすくなったり、些細なことで体調を崩しやすくなる傾向にあります。これが、「冷えは万病の元」と言われる所以です。

便秘症状の発生

血液の流れの悪化は、日々の便通にも影響を及ぼします。便通は腸管を動かすことで腸管内の便を移動させることで成し遂げられます。

この腸管の運動にも血液は深く関わっており、血液循環の悪化は腸管の運動に影響を与えます。

血液循環の悪化は腸管を動かす為に必要な酸素と栄養素の不足を招き、排便に必要なぜん動運動を衰退させてしまいます。

ぜん動運動が弱まると排便時に強くいきむ必要が出てきてしまい、便秘や残便感の原因となります。

4.冷えを改善し代謝を向上させる

冷え性の改善でまず最初にやるべきことは、現在の生活環境や習慣が血行不良を招くもの原因になっていないかを確認するべきです。そして、血液その物を流れやすい質に改善することも大切です。

冷えやすい環境を改善する

冷えの改善においてとても大切なことは生活習慣/環境の改善です。

冷えは身体を冷やしてしまう飲み物や食べ物、そして冷房がもたらす寒冷刺激によって交感神経が優勢になり起こります。

つまり、なるべく身体を直接冷やしてしまうような習慣や環境を改善するだけで血液循環は改善されます。

なので暑くても氷入りの飲み物や、冷やし系の食事は避け、冷房の温度も少し高めに設定するなどして冷え対策を行うと良いでしょう。

血液の状態を改善する

ヘモグロビン(赤血球)は120日サイクルで「生産→破壊→生産」を繰り返しています。このヘモグロビンで大切なことは変形能をしっかりと発揮でき、しなやかなコンディションを保つことです。

そして、ヘモグロビンはただ流されているだけではありません。変形するにあたりしっかりとエネルギーも使っているのです。

ヘモグロビンのコンディションを保つには「クロロフィル・アミノ酸・鉄分・葉酸・ビタミンB12」という成分が必要になります。

 

 

すみれ薬局「ライン相談室
今のお悩みをお気軽にご相談下さいね♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

すみれ薬局

 

すみれ薬局

〒520-0006滋賀県大津市滋賀里1−8−29

 

お電話での問い合わせはこちらから
0120−931−020

 

お電話以外の問い合わせはこちらから






お店へのアクセス