脂肪の燃焼こそ「痩せる」仕組

脂肪の燃焼とは、中性脂肪を分解した「遊離脂肪酸・グリセロール」のうち、遊離脂肪酸をミトンドリアで燃焼することです。この遊離脂肪酸を燃焼することで、脂肪は身体のエネルギー(ATP)と水(H2O)になります。この燃焼工程を経ることで脂肪は身体からなくなり痩せることができます。

1.脂肪の燃焼とは

脂肪の燃焼はミトコンドリアというエネルギーを生産する機関で行われます。私達が日々口にする脂肪とはエネルギーを生み出す為の源なのです。

ミトコンドリアで燃焼する

脂肪を燃やしてくれるミトコンドリアは、細胞内小器官と呼ばれるエネルギー(ATP)を生み出す機関です。

ミトコンドリアは全身にあり、全身の細胞や臓器が必要とするエネルギーを絶えず生み出しています。

ダイエットに置き換えるとミトコンドリアは脂肪を燃焼する工場のような存在です。

脂肪を燃焼する意味合い

  • ATPの生産
    人は生命の維持や活動を行う為にエネルギーが必要です。この身体を動かすために必要なエネルギーを「ATP」と言います。
    脂肪はATPを生み出すために使われるエネルギー源なのです。
  • 体温「熱生産」
    人の身体には体温を調節する機能が備わっています。熱ければ汗をかき熱を放出し、寒ければ熱を生産して体温を高めます。
    脂肪は体温を上げる為の体内のヒーターの燃料としても使われるエネルギー源です。

2.脂肪燃焼の仕組み

脂肪を燃焼するには、まず脂肪の分解が必要になります。分解された脂肪はミトコンドリア内に運ばれることでエネルギーに変換=β酸化されます。

脂肪の分解を行う

脂肪を燃焼するには、まず中性脂肪を分解する必要があります。中性脂肪を分解すると遊離脂肪酸とグリセロールに分かれます。

この遊離脂肪酸が血液中に流されることで体中のミトコンドリアまで運ばれることで燃焼の準備が完了します。

ミトコンドリアでのβ酸化

分解された遊離脂肪酸がミトコンドリア内に入るためにLカルニチンが必要になります。

体内のカルニチン量に不足がなければ遊離脂肪酸は順調にミトコンドリア内に運ばれ、燃焼行程に進みます。

このミトコンドリア内で遊離脂肪酸はエネルギー(ATP)を生み出す為に燃焼されます。この燃焼反応をβ酸化と呼びます。

この脂肪燃焼=β酸化によって遊離脂肪酸はATPとH2Oに変換され無くなります。つまり、痩せることとはβ酸化を行い続けることになります。

3.脂肪燃焼を促すには

脂肪の燃焼を行うには、脂肪の燃焼を支持するAMPKというタンパク質の活性化を行う必要があります。

脂肪燃焼が進む条件

  • 運動
    脂肪の燃焼が進む条件の一つに「運動」があります。身体を動かしエネルギーを消費することで失われたエネルギーを生み出す為に脂肪の燃焼が進みます。
  • 飢餓状態
    緊急時や遭難時など、エネルギー源を摂取できない状態を「飢餓状態」と言います。食べ物を食べられない状態なので食べ物の代わりに脂肪を燃焼し生命を維持ます。
  • 低グルコース
    意図的に糖質の摂取を控えると身体は低グルコース状態になります。糖というエネルギー源を使えない代わりに脂肪の分解と燃焼が進みます。

AMPKを活性化する

脂肪の燃焼の促す支持を出す司令塔の役割を果たすタンパク質がAMPKです。

AMPK=AMP活性化プロテインキナーゼというタンパク質で別名エネルギーセンサータンパク質と呼ばれています。

AMPKは身体のエネルギー量を管理する役目をもち、必要に応じてミトコンドリアに燃焼の指示を出しエネルギー生産を行います。

脂肪燃焼を促すにはAMPKの活性を高く保つと、効率良く脂肪を燃焼することが可能です。

 

 

すみれ薬局「ライン相談室
今のお悩みをお気軽にご相談下さいね♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

すみれ薬局

 

すみれ薬局

〒520-0006滋賀県大津市滋賀里1−8−29

 

お電話での問い合わせはこちらから
0120−931−020

 

お電話以外の問い合わせはこちらから






お店へのアクセス