ダイエットの第一歩は脂肪を分解すること

ダイエット、すなわち減量とは脂肪を燃焼し体脂肪を減らすことですが、脂肪を燃焼するには脂肪を分解する必要があります。正確には脂肪細胞内に蓄えている中性脂肪を遊離脂肪酸という燃焼に適した状態にまで分解しなければ脂肪は燃やせません。つまりダイエットで痩せるには脂肪を分解することが一番最初に必要なことなのです。

1.脂肪分解の必要性

脂肪を燃焼する為に、分解する理由は脂肪細胞に蓄えられた「中性脂肪」のままでは燃焼できないからです。脂肪の燃焼はエネルギー生産を行うためで、分解された脂肪はエネルギー源だから燃焼できるのです。

燃焼機関で代謝できる形態

脂肪を燃やし減らすには脂肪を燃やせる機関であるミトコンドリアに運ぶ必要があります。

脂肪はミトコンドリアに運び込まれ燃焼行程を経ることでエネルギーとなり消費されます。

この燃焼機関への運搬と燃焼に必要なことが脂肪細胞に蓄えられた中性脂肪の分解なのです。

2.脂肪分解のメカニズム

脂肪の分解は脂肪細胞に存在するHSL:ホルモン感受性リパーゼという酵素によって行われます。そしてその逆の行為である脂肪の蓄積はLPL:リポ蛋白リパーゼによって行われます。

中性脂肪が遊離脂肪酸へ

HSLが活性化すると脂肪細胞に蓄えられている中性脂肪は加水分解され遊離脂肪酸とグリセロールに分解されます。

この遊離脂肪酸が燃焼できる形態であり、エネルギー(ATP)の源なのです。

遊離脂肪酸がミトコンドリア内で燃焼される事で脂肪はエネルギーとして消費され無くなるので体重が軽くなります。

3.脂肪が分解される条件

中性脂肪は分解が必要なときにのみ分解されます。これは身体の仕組がそのようにできているからでキーポイントになるものは「血糖値」と「エネルギー源」です。

中性脂肪の分解条件

  • 血糖値を低く保つ
    甘い物や炭水化物をほとんど食べない、もしくは一時的に運動を行うと血糖値が低い状態が続くと、徐々に脂肪の分解が進みます。これは血糖が脂肪の減量だからです。
  • エネルギー源の不足
    食事を減らしてエネルギー源の不足を起こす、もしくは一時的に運動を行うと脂肪の分解は進みます。言ってみれば脂肪はエネルギー源ということです。

4.脂肪を分解する方法

身体に蓄えられた脂肪を燃焼する為に分解するには、上記の中性脂肪の分解条件をクリアする必要があります。この条件を達成することで初めて脂肪の分解はスタートし継続することでどんどん分解が進みます。

身体の仕組みで分解する

身体に備わった脂肪分解の条件を実践することで脂肪の分解は進みます。

血糖値を低くするには糖の摂取を控える「糖質制限」が、エネルギー源を不足させるには「カロリー制限」を行うことで脂肪の分解は進みます。

つまり、脂肪の分解を促す条件をクリアするための作業が食事制限というわけです。

ダイエットの食事制限とは

脂肪の分解が起こるのは、身体が脂肪を必要だと判断した時に起こるのです。

多くの痩せるダイエットに食事制限があるのは脂肪の分解を起こすために必要な作業だからです。

逆に言うと食事制限が全くないダイエット方法は身体の仕組みに背いているので、全く痩
せないか、リスクがあると考えると良いでしょう。

 

 

すみれ薬局「ライン相談室
今のお悩みをお気軽にご相談下さいね♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

すみれ薬局

 

すみれ薬局

〒520-0006滋賀県大津市滋賀里1−8−29

 

お電話での問い合わせはこちらから
0120−931−020

 

お電話以外の問い合わせはこちらから






お店へのアクセス